FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2009.07.27(月)

読み聞かせ記録1

リサとガスパールのはくぶつかんリサとガスパールのはくぶつかん
(2001/11)
アン グットマン

商品詳細を見る

本日、ついに小学校の児童クラブでの
読み聞かせをしてきました。

文学館のカルチャーサポーターに応募して
研修という形での参加。
読んだのは文学館で展示をしている
リサとガスパールシリーズ
「リサとガスパールのはくぶつかん」
子どもが50人くらいいると聞いていたので、
本の大きさがちょっと小さいかなとも思ったんですが、
この話が、時期的にも、お話の内容的にも
おもしろいかなと思い、選びました。

絵本を借りて帰って、夫さんがいない隙に、
鏡を見ながら、絵本を持って、読んで、
ページをめくる練習をしました。
じっくり読んで、子どもはどんなところが好きかな~
とか考えました。

そして、今日、文学館の職員さんと、
サポーターの方お二人と一緒に小学校へ。
最初に手遊び
そして、土佐の民話の紙芝居。
4本の紙芝居、案外子どもの集中って
続くんですね~
市原麟太郎さんの土佐の民話なので、
土佐弁がいっぱいでおもしろい。
その後、ゲームをしたら、子どもは大喜び☆

そしてそして、リサとガスパールの紹介が始まりました。
犬でもうさぎでもない不思議ないきもの
リサとガスパール
二人はフランス生まれ。
という話があって、わたしの出番です!

感想は、とても気持ちよかったということ。
しっかりと絵本を持って、
子どもたちにちゃんと絵を見せてあげられたかが
心配ですが、読み聞かせをしながら、
子どもたちの顔を見ていたら
とってもいい顔で聞いてくれていました。

わたしは教育関係の仕事をしていました。
子どもに関わることもあり、
それ以上に、保護者と話をする機会が
多かったようにも思う。
保護者から質問されるたび、
わたしがわかる範囲で答えたり、
一緒に考えたりするんですが
自分の中のどこかで
「実際、自分には子どもがいないのに
 えらそうなこと言っていいのか」
と思い、大切だと思うことを伝えるにも、
相手からも「現実をわかってないくせに」
と思われることが恐かった
今でもそう思うことはある。

でも、それでも、
知っている以上、伝えなければならないことがある
わたしの心の弱さを埋めるためにも
子どもたちへの読み聞かせをしたかった
実際、子どもたちはどんな反応をするか
わたし自身、子どもと何を共有できるか

読み聞かせをすることの向こうに、
もう一つ、目的がある。
こういった、子どもとの関わりの大切さを
伝えられる人になりたい
その手段や媒体はまだまだ未定だけど、
それへの1歩が踏み出せた。

なんでも、やらなきゃできない
でも、やればできる
そう信じて
スポンサーサイト
│posted at 22:37:10│ コメント 6件トラックバック 0件
≫コメント 
とてもやり甲斐のある事ですね♪
憧れます(^ε^ )
幼い頃の思い出と言う物は心に大きく残るものですよね♪
それだけに子供たちと同じ目線になれるかが望ましい事だと思います(^ε^ )
僕は老人福祉施設で働いていますが、御利用者様の目線になる事出来ているのかなって今考えちゃいました・・・さーこれからはもっとノーマライゼーションしよう・・・ 有難う御座います(^^V
諸三重親方│URL│posted at 2009-07-28(Tue)05:02│編集
はじめまして
佳ちゃんといいます

リサとガスパール大好きです!
かわいいですよね。。

子供たちは純真に聞いてくれたようですね!
子供は心をみてますよ。
一歩を踏み出すって素晴らしいです!
自分を信じてがんばりたいですね。^^
佳ちゃん│URL│posted at 2009-07-28(Tue)20:49│編集
こんばんは
いつも朝早くからお勤めお疲れ様です。
なかなか相手と同じ目線になるのは難しいですが、
諸三重親方さんのように、
自分の事を考えることって大切ですね。
いつも諸三重親方さんの姿勢はすごいなぁと思います。
ユーモアも忘れないし 笑
こちらこそありがとうございます♪
mee;│URL│posted at 2009-07-28(Tue)21:59│編集
はじめまして
ご訪問&コメントありがとうございます♪

そうですね
「子どもは心を見てる」
子どもだからと誤魔化そうとしたりするのは
しっかり見透かされますもんね
こちらも真剣に接していかなければ!
これからも頑張ります☆
ありがとうございます

mee;│URL│posted at 2009-07-28(Tue)22:05│編集
自分には子どもがいないのに、ってところ、すごく共感します。僕もまったくそう感じています。
あと、子どもとの交わりを大切にすると同時に、それがどんなに素敵なものかを、他のいろんな人に伝えたいってところ。ああいいなーと思いました。これ、しっかり奥までやろうと思ったら、けっこう気苦労の多いことになると思うな。でも楽しいことだよな、きっと。
その絵本知らなかったから、今度探して読んでみます。シリーズになってるみたいだね。ふむふむ。
耕平│URL│posted at 2009-07-29(Wed)18:17│編集
この絵本、10年位前に出たみたいだからわたしらは知らんのだわな。
わたし、かわいいキャラとか興味ないし 笑
ちょうど文学館でリサとガスバールの展示をしてるから読んだけど、普段なら選ばなかった 笑
読みたい絵本はあるけど、自分の主張はもうちょっとしてから
徐々に出せるといいな~
「伝える」ってのは簡単そうで難しいもんね。人の心に寄り添わなきゃ、
どんなにいいことだとしても伝わらないもんな~ 苦労するぞ~
現実を知って、理想も語れる人になりたい気がする うまく言えんけど
絵本講師の資格?があるから、もうちょい経験つんだらそれに登録しようと考えてる
けっこう腹黒く計画をたててるのさ。いろいろと利用して
できることからちょっとずつ  あぁ~長生きしたいな~ 笑
耕平も勉強がんばれ
mee;│URL│posted at 2009-07-29(Wed)23:54│編集
≫コメントを書く







 削除や編集のときに必要です。
管理者にだけ表示を許可します。
≫トラックバック 
●この記事へのトラックバックURL

●この記事へのリンクタグ
プロフィール

mee;

Author:mee;
高知県在住主婦
夫さんとウサギのうたと
暮らしています。   

 
ブログランキング

FC2Blog Ranking

 
カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 
ありがとうございます

 
ブログで植林

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。