スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
│posted at --:--:--│
2010.01.29(金)

四万十川新聞バックインストラクター養成講座

行ってきました

高知駅から窪川へ。
そこで1両の電車に乗り換えて
十川駅へ
P1000339.jpg

四万十ドラマ主催の
四万十川新聞バックインストラクター養成講座
行ってきました!

初 四万十川!!!
P1000341.jpg
P1000343.jpg
当たり前だけど 水 冷たかった!!!

清々しく 美しい 人を圧倒する
そんな自然を前に感動。

インストラクター養成講座は 
道の駅 とおわ で 開催されました。

大分や広島、大阪、千葉、長野、山形から
はるばる来られた方も!!


わたしは、以前から
「エコバック」
というものが あまり好きではありませんでした。
エコエコ エコエコ
って、エコって名を
つけたらいいってもんじゃあない気がして。
お店に ぐわぁ~っと並べられたエコバック
ブランド物のエコバックを買うための長蛇の列
そういう光景を見るたび不思議で不思議で
別に新しいものを買わなくても
家に袋の一つくらいあるでしょう
紙袋だっていいじゃん
って、ちょっとひねくれてました。

そんな わたしにとって
新聞バックは本物のエコ

新聞バックは四万十川の自然を守ろうという
気持ちから生まれたものなんだそう。

四万十川の商品は全て新聞紙で包みたい

最初は商品を新聞紙でくるくる包んで
お客さんに渡していた

でも、それだけでは物足りないと
新聞バックの生みの親であり
新聞バック作りの講師でもある
地元の主婦の伊藤正子さんが
新聞紙で袋を作って来てくれたのだそう。

それから、試行錯誤を繰り返し
ペットボトルを3本入れても大丈夫なほど
丈夫な新聞バックが出来上がってきたのだそうです。

今では
道の駅 とおわ で売られている他
インターネットでの通信販売
海外にも輸出されているんだそう。


そんな新聞バックつくりのインストラクター養成講座

不器用なわたしに耐えられるか
心配もありましたが
一緒に参加した皆さんや優しい先生に支えられ
作れるようになりました~
P1000349.jpgP1000391.jpg

なんとか認定証もいただきました
Image291.jpg

今までとってた新聞で
ちみちみと作っていきます☆

新聞バックインストラクターの講習では
交流会があったり、
地元の生産者の方の現場を見せてもらったり
ということもあったので
そのことはまた後日。

当日の様子を
四万十ドラマの畦地社長が
ブログにアップされているのはこちら
*****************************************************
blogram投票ボタン
スポンサーサイト
│posted at 22:58:45│ コメント 10件トラックバック 0件
プロフィール

mee;

Author:mee;
高知県在住主婦
夫さんとウサギのうたと
暮らしています。   

 
ブログランキング

FC2Blog Ranking

 
カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

 
ありがとうございます

 
ブログで植林

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。